家電や家具の設備が付いた賃貸物件のメリットとデメリット!物件の選び方のコツ


家電や家具の設備が付いた賃貸物件のメリット

学生専用の賃貸物件や単身赴任などで利用するウィークリーマンションなど、家電や家具の設備が付いた物件を利用する人も増えています。家電や家具付きの賃貸物件のメリットは、新生活の準備やコストを減らせる点です。入学や就職をきっかけに1人暮らしを始める学生や新社会人の方にとっては、必要な家電や家具が付いた物件であれば、荷物が少なく済むため、引っ越し会社を通さずに転居できる場合がほとんどです。引っ越しの負担がなく、楽に新生活をスタートさせられるでしょう。

家電や家具の設備が付いた賃貸物件を借りるデメリット

家電や家具の設備が付いた賃貸物件はメリットだけではなく、自分の好みの設備を選択できないというデメリットもあります。オシャレなインテリア雑貨を買ってきても、部屋の家電や家具と馴染まず、部屋全体のバランスが悪くなることも。また、家電や家具の設備が整った物件は、一般的な賃貸物件に比べて家賃が高めに設定されていることが多いです。初期費用は抑えられるため、短期利用であればコストパフォーマンスは良いかも知れませんが、長期利用では一般的な賃貸物件よりもコストはかかるでしょう。

家電や家具の設備がある賃貸物件を選ぶときのポイント

家電や家具付きの賃貸物件を選ぶときは、部屋のルールをよく確認しておくことが大事です。特に備わっている冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの設備が壊れたらどうなるのか?といった点は、物件によってルールが異なるのでしっかりとチェックする必要があります。万が一、家電や家具に不具合や故障が生じたら、自己負担になる場合はあるかを確認します。故意や過失がなければ、管理会社側が家電や家具の補償をするのが一般的ですが、そうでない場合は自己負担になるケースが多いため、契約内容を確かめておくようにしましょう。

室蘭の賃貸は、通勤に便利な立地やオール電化、2台駐車可能といった条件に合ったものを選ぶことが出来ます。

Previous post 資金的に問題ない?注文住宅なら住宅ローンを確認しよう
Close

Featured Posts